忍者ブログ
  • 2018.11«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2019.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/12/19 19:03 】 |
秘密

むぅ。

腰いてえ。

ヘルニアだな。

親指いてえ。

腱鞘炎だな。

職業病おつ。

 

さて本題。

今日14時くらいから東野圭吾原作の「秘密」って映画がやってたんですが。

出演は広末涼子と小林薫と岸本加代子。

あらすじとしては

小林薫が夫、岸本加代子が妻、広末涼子が娘。

娘と妻が乗った観光バスが事故にあう。

娘は一命を取り留めるが、人格は妻になっていた。

娘の体をした妻に夫は戸惑うが、二人はいつか娘が帰ってくるのを信じて、生活する。

外では娘として、家では妻として生活。

そして・・・。

 

 

まぁざっとこんなもんです。

考えさせられる映画を見たのは久しぶりでして

なかなかいいものでした。

 

娘の形をした妻

娘としての生活する妻に嫉妬する夫

信じてもらえないことに悲しむ妻

愛すれば愛するほど娘の形をした妻を抱くことができない夫。

事情を知らない周囲は夫に再婚を勧める。

自分がいることが邪魔になっているんじゃないかと思う妻。

私が娘として生きればと思う妻

戻る娘の人格

回復する娘の人格と失われつつある母の人格

ついに母の人格がなくなり、戻ってきた娘が数年後結婚するとき父は娘の結婚相手に言った。

「お前のことを殴らせろ。一発じゃない、二発だ。一発は奪われる娘の分、そしてもう一発はもう一人の分だ。」

 

 

深いねぇ。

東野圭吾すげぇよ。

さすがだよ。

すげぇのはサスペンスだけじゃねぇのな。

 

気になった方は一度見てはいかがでしょうか。

 

ちなみにエンドロールで東野圭吾本人も出演を確認。

 

 

さて

本題を終わり。

 

腰痛なので、これから整骨院にスネークしてくるわ。

では

ぐったり、まったり、したいときもある午後三時。

またお会いしましょう。

PR
【2009/02/28 17:53 】 | 未選択 | 有り難いご意見(1) | トラックバック(0)
<<なんでだろうな | ホーム | 先日のこと>>
有り難いご意見
無題
「秘密」ざっと聞いただけでもかなりおもしろそう!
DVD絶対かりるわ~♪
【2009/03/02 01:13】| | みるめ #99be3b6b1e [ 編集 ]
Re:無題
>「秘密」ざっと聞いただけでもかなりおもしろそう!
>DVD絶対かりるわ~♪

ぜひかりてみてくだ。
と遅れながらもコメ返す。
【2009/03/09 23:12】


貴重なご意見の投稿















虎カムバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]