忍者ブログ
  • 2017.08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 2017.10
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/09/24 03:17 】 |
久しぶりに妄想を書き散らす

というわけで。

暫定税率って必要じゃね?

と思うわけですよ。

簡単に考えると・・・暫定税率がなくなるってことは,リットルあたり25.1円安くなるわけですな。

ってことは?

そうです,いろいろガソリンが使い放題www

毎日の生活に必須のティッシュも安くなるwww(←これ重要

健全な男子は年間何箱使うのかね・・・(・∀・)ニヤニヤ

と余談はさておき。

まぁ国民の皆さんは大喜びですなぁ。

そして値下げを公約した民主党の支持率も鰻のぼりで,次の衆院選は民主党が勝っちゃうんじゃないかって勢いになるのはまず間違いないでしょうね。

 

 

でもここで待てよと考えるわけで。

 

 

ガソリンの値下げって重要?

まぁ確かに日本にとって,というより人間にとってガソリンはなくてはならないものにまで存在を昇華させてきました。

しかし人間って何?って考えると地球における1つの動物にすぎないわけで。

そんな動物の中で取引されている通貨なんてのは,ただのごみ同然なわけです。

通貨が減った増えた貯まった落としたは人間にとっては重要なことなのかもしれない。

けど。

その行為が行える前提ってのが地球があるおかげじゃなくて?

ガソリンが安くなるってことは単純に使う量が増えるだけだと思う。

使う量が増えるってことは空気も汚れるわけです。

普段車で移動している人,特に絶対に使わなきゃいけない人ではない人に聞きたいね。

「ガソリン安くなったらもっと乗りますよね?」

もちろんNOというひともいるでしょう。

ただしその人の人間性を疑いますけどね。

 

どっかのクズ学者が言ってたなぁ。

「そのうち氷河期になるから大丈夫」

そういう問題じゃねーな。

 

しかしながらこれまで述べてきた暫定税率ってのはなかなか厄介なやつでして。

一般会計に入らず特別会計に計上されて使い道もわからんわけです。

これが俗にいうところの「道路族」の懐に入っていくわけです。

「道路特定財源」なんて名前ついてるし。

「道路族などの特定の人だけが手に入れることができる財の源」

センスあるな,おれwwww

とまぁもろもろ。

 

今日も国会中継やってたけど。

いろいろ濁りがある税率をなくす・続けるなんて話じゃないと思うわけよ。

はげ爺どもが雁首そろえて5時間も語る話かよ。

30秒で提案できるよ。

「暫定税率を維持・ただしそれは一般会計に計上・道路にばっか使うな」

これでおkww

 

 

まぁみなさんがどう受け取ろうが知ったこっちゃないけどね。

ただし皆地球のもとでは赤子に等しき存在であると。

 

 

江戸時代9代将軍家重の老中・田沼意次のころは政治が腐敗し,金と血が飛び交っていた。そこで11代将軍家斉の老中松平定信(白河公)は寛政の改革を実行し,厳しく風紀を取り締まった。しかしあまりにも厳しすぎて反感をかい,わずか6年で老中を退いた。

そこで誰かが一句。

「白河の 清きに魚も すみかねて もとの濁りの 田沼こひしき」

まぁ民主党の言ってるように清くしすぎるのも問題ですってことです。

たぶん衆院選は民主が勝つでしょう。

そして知るでしょう,不安と絶望を。

そしてこの句を思い出すでしょう。

 

 

90年前半に政権とった旧社会党もそうだったなぁ・・・・・マジ役立たずw

 

「歴史は繰り返す,終わらないワルツのようにね」 by マリーメイア・クシュリナーダ(ガンダムW劇場版)

 

 

異常で弧世夷の亡奏を醜霊とする。

 

 

そうそう。今日テストが終わり大学生活の全日程が終わりました。誰か遊んでくれ。

単位とか知らんw

では。

ピザポテトがうめぇwwww

またお逢いしましょう。

PR
【2008/02/01 02:44 】 | 寝言。独り言。戯言。 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<そういえば。 | ホーム | ついに来た>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















虎カムバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]