忍者ブログ
  • 2017.11«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2018.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/12/13 10:18 】 |
引越し・疲労・アルコール。

雨の予定が曇りでうれしい限りだが,いかんせん暑い。

今日は兄の引越しです。

昨日は結局あのあと寝たのが6時前でした。

はい,4時間もねてません。

朝8時,起きて宇都宮線登呂へ向かう。

ばか眠い。

9時に兄貴の家に着く。

嫁さんの両親&兄が嫁さん方の応援にきている。

迎え打つは病人側男3人衆。

あ。

結局父も休みが取れたので強制連行です。

現場着いて気づいたが,4階立て4階でエレベーターねぇorz

そうなるとおいらが呼ばれた理由は階段降ろし人員か。

えーえーそうですよね。

部屋に入るとまぁある程度はできあがってる模様。

そうなるとデカブツは冷蔵庫,食器棚,洗濯機,チェストくらいか?

というわけで最初は食器棚から降ろす。

 

 

 

重い。

しかもガラス。

梱包も微妙。

嫁兄が運送屋らしく引越し屋をつかわなかったんすよ。

階段も地味に狭いので,3手で降ろす。

あーーーーーー。

しんど。

そして降ろしても4階にあがんのがメンドクサス(´・ω・`;)

冷蔵庫。

無駄に4ドア冷蔵庫なんか使うんじゃないよ,ホントに。

あーーーーーー。

しんど。

持つとこがないので2手で降ろす。

新婦側兄と新郎側弟で家族を超えた感動的共同作業。

そんなもんいらんから,軽くしてくれ。

握力30%ダウン。

デカブツ過ぎたら次は箱ものが降ります。

約40らしいから3個降ろしで13回くらい往復すりゃいいだろ。

と思いきや。

新婦側両親は老夫婦のため一個づつしか持ってこない。

工エエェェ(´д`)ェェエエ工工。

40往復は地獄。

とりあえず3個たまるまで待ってから出発。

なんとか終わらせるがしんどい。

脚力25%ダウン,追加効果で鈍足発動。

昼飯。

新婦側両親の手料理。

食らう。

うん,煮物甘いし,漬物しょっぺ。

おにぎりだけ喰らい,やっぱ朝は食うべきだなとふと思う。

あとは小物降ろして・・・・また階段10往復。脚力更に15%ダウン。

最後に洗濯降ろして・・・・右手握力20%台にまで低減,左手死去。

最後にチャリンコ乗せて。

糸冬 了。

2tロングがぎっちりリミットいっぱい。

新居へ。

新郎側父の運転が怖いらしく,我が父免許不携帯で運転。

おいらが運転しようかと言ったら丁重にお断りされました(ぁ

新居は2階建て4LDK,土地付き3500万くらいらしい。

最寄り駅はなんとニューシャトル

マジくずだわー。

飯田橋勤務なのに,大宮以北とかありえんわー。

とまぁ兄貴のことはさておき。

もう14時くらいだったので。

特攻(ぶっこむ)。

わしら狂乱麗舞やぞ(意味不明

トラックから玄関まで一人で運ぶ。

全力。

ダッシュ。

30分でデカブツ以外終わらす。

デカブツ運ぶ。

握力回復していないのでいろいろやばい。

なんとか終わる。

15時半。

荷動き糸冬 了。

開梱とか勝手にやれよ。

ビールが振舞われる。

一番絞り2本飲む。

このビールのためにタダで働いたようなもんだ。

と帰ろうと思っていたそのとき。

「はいこれ」

え?

「気持ちだからw」

向こうの母にもらう。

 

 

 

 

 

 

 

やった,日当2万出たwwwwwwwwwwwwww

まぁ父と二人で2万円のアルバイトならまぁいいかww

3度断り,結局もらうw

帰る。

ニューシャトルばーかw

高崎線寝る。

家に着く。

飲む。飲む。

飲む。

飲む。

寝る。

起きる。

ブログ書く。

寝る。

 

とまぁ今日はここまで。

では。

そばを茹でたら火傷した。

またお逢いしましょう。

PR
【2007/07/08 23:57 】 | 寝言。独り言。戯言。 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<やっぱ牛乳でしょww | ホーム | tanabota>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















虎カムバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]